ラミシールは市販もされている抗真菌薬で水虫の治療に使われます。水虫に対する内服治療薬は2つしかありませんがラミシールはそのひとつで、クリームやスプレーなどの外用薬としても販売されています。

ラミシールとクリアネイルで爪水虫を効果的に治療する

爪水虫は白癬菌によって引き起こされます。
足の皮膚に広がった白癬菌が爪の裏側まで到達しているため、普通の抗真菌薬では薬が届かず殺菌ができません。
爪水虫の症状が進んでいくと、爪の色が黒くなってボロボロと剥がれるようになってきます。
こうなると完治させるのに1年以上かかる可能性があるので、なるべく早期から治療を始めることが大切です。
爪水虫の治療は、ラミシールという薬で行われます。
この薬は殺菌力が強く、内服薬と外用薬の二種類があります。
一般的には内服薬で爪水虫を叩くのですが、完治に半年以上かかるケースが多いため、長期間飲み続けなければなりません。
殺菌力が強い薬を飲み続けていると、体に負担がかかります。
特に肝臓には大きな負担がかかり、副作用として肝機能障害や肝不全などを引き起こすリスクがあります。
なので、ラミシール内服薬での治療はできれば避けたいものです。
そこで登場するのが「クリアネイル」です。
クリアネイルは爪に塗るタイプの抗真菌薬です。
ラミシール外用薬は殺菌力に優れていますが、爪の内部までは浸透できません。
ところが、クリアネイルは優れた浸透力をもっていて、硬い爪の内部にも浸透して白癬菌を殺菌することができます。
そして外用薬なので、ラミシール内服薬のような副作用がほとんどありません。
このため、妊娠中や肝機能に問題を抱えてても効果を得ることができます。
しかし、クリアネイルで爪水虫を治せても、白癬菌の温床を撲滅できなければ再発するリスクがあります。
そこで、クリアネイルとラミシール外用薬を併用することが効果的です。
つまり、クリアネイルで爪水虫を治療し、殺菌力の高いラミシールで白癬菌の温床を叩くということです。