ラミシールは市販もされている抗真菌薬で水虫の治療に使われます。水虫に対する内服治療薬は2つしかありませんがラミシールはそのひとつで、クリームやスプレーなどの外用薬としても販売されています。

水虫に塗るラミシールとは

ラミシールは有効成分としてテルビナフィン塩酸塩を含む薬品です。
カテゴリとしては真菌の抑制や殺菌を行う抗真菌薬に分類されるものであり、真菌の中でも白癬菌に対して高い効果を示します。
白癬菌は人の体に感染する真菌の中でもポピュラーな真菌であり、水虫の原因も多くはこの白癬菌によるものとなっています。
ラミシールはノバルティスファーマ株式会社で製造販売されており、日本国内では指定第二類医薬品に分類されます。
ではこのラミシールの作用はどのようになっているかというと、基本的には二つの仕組みを用いて水虫の治療を行うとされています。
まず一つ目の仕組みとなるのがエルゴステロールの合成を阻害する仕組みです。
エルゴステロールというのは白癬菌を含む真菌の構造の中でも、細胞膜と呼ばれる部分の生成に関与する成分です。
真菌はエルゴステロールを主成分として構造を作っていますが、このエルゴステロールの生成を阻害することで白癬菌の増殖を防ぐのです。
ラミシールに含まれるテルビナフィン塩酸塩は他の成分と比較しても真菌の細胞内へスムーズに移行する特徴を有しており、少量であっても十分な効果を期待することができます。
この仕組みによってまずは白癬菌の増殖を抑え、そしてもう一つの効果となる殺真菌作用で完治を早めます。
殺真菌作用は既に構成されてしまった細胞膜に対して作用するものであり、この作用によって白癬菌の細胞膜を破壊します。
真菌はその構造上、細胞膜の内側に心臓部である核を持ち、その核を包むように細胞内成分が貯留されています。
しかしここで細胞膜を破壊すると、核を包んでいる細胞内成分が外部へ流出し、白癬菌が生存することが出来なくなるのです。
こうした作用を見ると「人の細胞も破壊されるのではないか」というようにも見えますが、先にも述べたように真菌の細胞膜はエルゴステロールによって作られているものであり、人間の細胞にエルゴステロールは使われていません。
そのため用法用量を守って使用すれば、人の細胞に対して悪影響を与えることはないと言えるのです。
ただラミシールに限った話ではないものの注意をしなくてはならないのが、真菌というのは目に見えず、完治したように見えてもまだ残っている恐れがあるということです。
症状として表れている白癬菌を除去することが出来た時点で使用を中止してしまうと、まだ症状を出すまでに成長していなかった白癬菌が成長し、再び水虫として症状が再発するということも良くあります。
そのため使用の際には必要な診察を受けつつ、長期的に使用を継続していくことを忘れないようにしてください。

↓ラミシールは通販で購入可能です
ラミシールの効果を実感してください